働く目的

働くとはどういうことだろう?

日本では、働くことはやりがいがあり、生きがいであり、意義深いことと考える風潮がある。一方、キリスト教文化の欧米では、働くことは、神から罰として課せられた労働という考えらしい。

聖書、創世記において

第3章17~19節
更に人に言われた、「あなたが妻の言葉を聞いて、食べるなと、わたしが命じた木から取って食べたので、地はあなたのためにのろわれ、あなたは一生、苦しんで地から食物を取る。
地はあなたのために、いばらとあざみとを生じ、あなたは野の草を食べるであろう。
あなたは顔に汗してパンを食べ、ついに土に帰る、あなたは土から取られたのだから。あなたは、ちりだから、ちりに帰る」。

つまり、人(アダム)が善悪を知る木の実を食べるという罪を犯した罰として、『顔に汗してパンを食べ』なければいけなくなった、という箇所が欧米の労働に対する考えなのだ・・・

しかし、そもそも、神は、まだ罪をとして犯す前のアダムに

第2章15節
主なる神は人を連れて行ってエデンの園に置き、これを耕させ、これを守らせられた。

という、エデンの園での農業をアダムに行わせていたわけで、う~~ん・・・
罰ではなく、初めから、労働者として人を使っていたわけだ・・・
もちろん、現代でもガーデニングが趣味の人もいるわけで、エデンの園を耕すことは労働ではなく趣味・生きがいとして楽しいものだったのかもしれないが・・・(僕の場合は、動物の飼育なら楽しいと感じるが・・・)


前置きはここまでにして、、、


働く目的を、自分が食っていくためとか、自分の生きがいとして楽しむためとかでは、虚しいような気がする。やはり、人の為(あるいは、神の為でもいいけど)にするのが空しくならなくていいかもしれない。

ただし、一生懸命働いたつもりでも、人の為になっていないことも少なくないであろう・・・他人の益になっていなくても、それは仕方ない。しかし、絶対、他人の害にならないようにひっそりと働きたい・・・

といっても、やっぱり、自分がいることで職場の雰囲気が暗くなるとか、場がしらけてしまうとか、そんなことは多いであろうし、お客さんにまず機会損失させてしまう可能性も高いわけで・・・(いや、ここまで考えるのは自責的すぎるだろう・・・自責的に考える必要はないはずだ・・・)

なるべく、雰囲気が良くなるよう努力すべきだろうが・・・

地道に誠実にまじめにやっていくだけだ・・・

それで明らかにクレームが来たりすればその時、謝れば良いし、解雇されるのも良いし、できるだけ頑張るしかない・・・


また、働くだけが、神の与えた『顔に汗してパンを食べ』るという罰ではない。病気で働けない人も、闘病というのが汗することになるのだろうし、子どもだって、同じかもしれない・・・

まぁ、いずれにしろ、苦しんで野の草を食べ、最終的には、その土にかえるのが人間のゴールなのか・・・気になる甘美な果実を食べる生活から、土に生える物を食べ、死んで、地べたに腐って、地に生える草の養分肥やしになればいいということか・・・

いや、もう、旧約聖書のことは考えないようにしよう・・・憂鬱になってくる・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村

line

人生という物語をつむぐ

自分の人生を一つの物語として言葉にして語る、言語化する・・・

友人や家族に自分の人生の物語を話して、あらためて、自分の人生を振り返る。今までのストーリーから今後どういう展開があるのかを洞察してみる。


しかし、人生というのを完璧に言語化することは不可能であろう・・・まるで、好きな食べ物の美味しさを説明するように、難しい・・・


言語なしでは思考(私がここでいう思考とは抽象的なことを考えること)はできない。これは確かだ。言語のない動物に知能はあるだろうが、抽象的なことを考えるのは無理だ。思考は言語のある人にしかできない(言語のない赤ん坊にはできない)。

しかし、言語ですべてを語るのは無理がある。まるで、数学で世界を全て説明しようとするように不可能だ。

よく死ぬ間際、人は走馬灯を見るように自分の人生を一瞬で振り返ると言われている。

人生を振りかえる時、視覚だけでなく、聴覚や、言語、思考、感覚など、自分が経験したやり方を全て総動員しないとならないだろう。しかし、これらを総動員できても、本当に振り返ることになるだろうか?

もちろん、生きていた間に体感したこと・考えたことを感覚器・脳の前頭葉をフル活用すれば、理論上、過去を追体験できるはずだが、何かが足りない気がする・・・

時間軸で考えなければいけないのはもちろんだ。何も知らなかった過去の自分の体験を、すでにその後のことを知っている今の自分が追体験しても感動や驚きは少ないだろうし、不安や心配などは実感できないかもしれない・・・


PS:現実の体験を再現するのはほとんど不可能だと思えるが(目をつぶって頭に思い浮かべるのは本当の再現は不可能だと思う)、夢の中での体験が今のところ一番再現するのに適しているように思われる・・・
line

真の「感謝」とは


よく、自分の幸運を神に感謝することはある。しかし、自分のことはどうでもいい。それよりも、他人の善い行ないや一生懸命努力しているのを、その人に感謝すべきなんじゃないかと思う・・・。

例えば、エレベーターで一緒に乗り合わせた親子連れに対して、子供の世話を一生懸命やってくれてありがとう!と親に対して心の中で感謝してみるのだ。ベビーカーの子どもがこちらを不審そうに見てたら、笑顔でこたえる。

別に親が一生懸命努力してなさそうでもいいのだ。スマホを見ながら、子どもに無関心でも。
とにかく、少しでも頑張ってくれているだろうと思って、感謝するのだ。赤の他人でもいいし、もちろん、身近な自分の家族・知人に対しても、なるべく、常に。

肝心なのは、自分の幸運を神に感謝することは、見当はずれなことだと思うことだ(やってもいいけど)。
line

感謝とは、、、どうすればいいのだろう???


感謝するとはどういうことだろう?
感謝というのは、いっときのことであることが多い。
しかし、真の感謝とは日々の暮らしの中で常に頭に思い浮かべているものではないだろうか?

そして、感謝して相手にその旨伝えた時に、相手が「いえいえ」「どういたしまして」「これからも何かあったら遠慮なく言ってね」などと答えてくれるとさらに感謝の念が強まり、感無量となる・・・
しかし、そういうやりとりもなく、相手に感謝しても、相手がレスポンスなしとか、遠い場所にいる相手に心の中で感謝の念を抱いても現実には何も起きないのは当然だ。感謝しても、報われるということない。というより、感謝すべき何か嬉しいことをしてくれたのだから、自分の方が感謝するだけで、報いはすでに受けているのだ。


それにしても、感謝というのは一体どういうことなのだろう・・・

常に感謝を念頭に
相手を想いたい・・・
line

人生を苦しいと思っては、、、いけない。

モームも半自叙伝の「人間の絆」で言っているが、才能があると思っていたら実は凡庸な人間であることに遅かれ早かれどんな人も気づくものであるが、それが遅すぎると悲惨だ・・・


別に天命や使命などない・・・



僕は、人の苦労を共感できない・・・いや、共感はするのだが、冷静に見てしまう・・・
何故なら、人生は苦しみであると当然のように考えているからだ・・・

何故そう思うかと言えば、

小さい頃から母親にきつく躾けられてきたからだ、精神的にも身体的にも虐待されながら・・・母親は時々囁く「今は辛くても、大人になってから報われる」と・・・
よくわからないまま、幼い僕はとにかく苦しいのを我慢するのが人生だと考えるようになる。。。周りの友達は楽しそうに笑っているが、大人になったら立場が逆転して、僕の方が笑っていると・・・

遊びはせずに、家事もやり、勉強もやり、つまらない日々を送っていたが、勉強はかなり苦痛だった・・・

何かの調査で、小さい頃に我慢することができた子は大人になってからIQや経済力などが高かったという報告がある。
しかし、僕の場合、我慢はしていたが、それにも限界はある。やがて勉強はダメになっていく(勉強しろと言われながら、家事ももっとやれと言われ、家事と勉強は両立できない。二宮金次郎のようにはなれない・・・)

とにかく、家事と勉強で忙しくしていた。

友達が「暇だ~」というのが理解できなかった・・・僕にはやるべき家事や勉強がたくさんあったから。


しかし、友達の方が人生の真理をよくわかっていた。人生は暇なものであり、楽しいことで暇つぶしすることが真の人生なのだろう・・・

面白い遊びを発明する、楽しいことを思いつく、こういうことこそ人類が延々繰り返してきた大事なことなのだろう。

普通の人は、人生は苦しいものであるなどとは思わない(中高年になってやっと気づくかもしれないが)。
人生は暇なものであり、その暇を以下に楽しく過ごすかが大事なのであろう・・・

社会的に成功している人は、仕事を楽しく面白く(というか熱中して)取り組める達人であろう。

成功していなくても、ほどほどに普通の生活をしている人も、仕事や人付き合いを無難に暇つぶしにきちんと、そして、大きなトラブルに見舞われないよう気を付けながら、安定して継続していこうとしている。


安定感、、、人並みに平均以上に安定した生活を送り、人生を楽しく過ごそうとする人が正しいのだろう・・・








line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line