愛に飽き無し

愛に飽きるということはないし、それよりももっと重要なことは、
愛には優劣や大小がないことだ。だから、一見ささやかな愛にも不足を感じることなく満ち足りた幸せを感じることができる。はずなのだ。

はずなのだ、と付け加えたことからもわかるように、多くの人たちは、ここを勘違いしていることがほとんどであり、
例えば、愛への希求にキリはないと勘違いしてたり…

仏教では、欲が苦の原因だというが、例えば、財産や名誉などを求めていくとき、いくら財産が増えても、いくら名誉が得られても、人間の煩悩が、もっと!もっと!と、さらなる欲にまくし立てられる。充足することなく、結局、虚しさを覚えていく。
しかし、本来の愛は、1人だけでも、愛する対象があれば、それだけで充分幸せを感じられるものだ。
もっと良い愛を、と更に求めるのは構わないけれども、実際にはその必要性はない。むしろ、多くの愛を求めようとするのは、本当の愛ではなく、単なる自己顕示欲だろうし、強い愛を求めようとするのも、本当の愛ではなく、単なる依存や逃避であろう。
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line