FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

メタ認知

思考はどの程度自動的かで、その時の意識の次元が変わる


自動的な思考は、ルーチンの活動に過ぎず、意識も無意識に近い。
一方、自発的な思考は、意識的に発動させており、この時の意識こそが、本当のその人の意識だと思う。

生物は進化して神経系を発達させてきた。特に脊髄レベルの反射や小脳や脳幹での運動姿勢などのコントロール…人間にいたっては、無意識的な思考が大脳のどこかで自動的に行われてるが、これも、脊髄や小脳などと同じレベルだ。例えば、朝起きてトイレに行くとか、お腹が空いたら食事をとるとか、食後に歯を磨くとか、あるいは、外出の際に道順に迷わずにいつもの道を歩いて行くだとか、あるいは、車の運転も特に意識しなくてもいつもの手順で車を発進させ、交通ルールにのっとって運転するとか…これらは習慣化してしまい、数日経ってから思い出そうとしても細部まではよく思い出せないことが多い。

対照的に、自分は何故存在するのかとか、何のために生きるのかとかを考えてる時の自分は、意識としては、一番根本的な自分の意識と言えるのではないだろうか?ただ、後で何を考えたか、思い出そうとしても思い出せないことも多いわけで、変化や進歩がなければ、記憶は働かないのかもしれないけれど。


記憶があるからと言って、それが、意識のレベルとして高い次元にあるわけではない。楽しい出来事を経験して幸せな意識の記憶があっても、テレビを見ていて面白く感じた意識の記憶かあっても、仕事に熱中してワクワクしてる意識の記憶があっても、そういう時の意識は受動的な状態だっただろうから。

自己意識には、主体感、所有感、物語自己の三要素が重要らしい。
僕が思うに、自己意識はメタ認知の一種で、メタ認知自体にはメタ認知したものを記憶する機構があまり働いていないように思う。働いていないというか、あまり、まだ、発達してないのだろう。これが、発達したら、意識はさらに進化するのではないだろうか?
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。