FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

他人の良いところはただ単純に良いと思えばいい

キリスト教のプロテスタントでは、セカンドチャンスという概念がある。

洗礼を受けていない人でも死後に救われるという考え。とくに、洗礼を受ける機会もなかった幼な子が亡くなった時には、何の罪もないまま亡くなったわけだからセカンドチャンスで当然救われるわけだ。それも、7歳までなら大丈夫と言う。


子供はいつから罪深くなっていくのだろう?

僕もちょうど8歳になってから親の都合で引っ越して、7歳までの生活と8歳以降生活とが区別されて記憶に残っているのだが、やはり我が強くなってきたのは8歳以降だと思う。

7歳まではすごく純真だったと思う。

友達のうちに遊びに行ってその友達のお母さんが優しいと、羨ましく思うよりもただ単に良いなあと感じてた。

しかし、8歳以降は自分の親や置かれた環境に不平や不満や疑問や憤りを持ち始める。他人を羨んだりするわけだ。

妬み、羨みは、罪であると聖書にも書いてある通り、他人の良いところはただ単純に良いと思えばいいだけなのだ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ

にほんブログ村
<br"にほんブログ村 哲学・思想ブログへ" />
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

秋は考えが深まる季節ですね。
セカンドチャンスという概念はいかにもキリスト教的ですよね。
人間が罪人ならそのような世界をつくった神こそが罪神ではないでしょうか。
私も若いときに洗礼を受けましたが、
洗礼を受けても何も変わりませんでした。
むしろ洗礼を受ける前の方が心は純だったような気がします。
今にして思えば自分的には洗礼は思い出の1つであり
重要なものではありませんね。
罪について聖書はたくさん説明していますが、
自分で納得したことはありません。
聖書も人が書いたものなので、
聖書や牧師の受け入れでなく、
自分の中で考察したいものですね。

Re: No title

コメントありがとうございます。

> 私も若いときに洗礼を受けましたが、
> 洗礼を受けても何も変わりませんでした。

そうだったんですね。洗礼まで受けるとはすごいですね。

> 聖書や牧師の受け入れでなく、
> 自分の中で考察したいものですね。

本当にその通りだと思います。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。