FC2ブログ

意識イコール自発性



意識が芽生えるのは、4〜6歳頃だと思われるが、 人間社会の中での自分のポジションを自覚し始める頃だと思われる。
自分だけ他の人と違うという点がいくつもいくつも認識される度に意識の発達が促されているように思われる。
何よりもまず自分の感じてるものが、同じ運命共同体の一員であり同じ価値観だと思われていた他者と、実は実際には共有できてないことが少なくないことを自覚することが意識の発達促進因子として重要であるように思われる。ハチやアリのように同じ目標に向かって皆が一致した行動をしていればそれでよいような集団の中では意識というのは芽生えないと思われる。また、犬や猿の社会でも、弱い個体はただボスに従えばいいというような集団においても集団内格差は群れの中で自然に暗黙の了解として共有され、意識というのは芽生えない。
しかし、人間社会のように、自立が求められ、格差や競争が多く、家族や地域や国という社会という枠組みの中だけでは収まりきらず、むしろ、個を主張することが必要になってくる社会においては、意識が必要になってくるのではないだろうか?ただ誰かに頼ったり、ボスに従ってたりするだけでよかったら、意識など必要ないだろうが、リーダーがよく入れ替わってしまったり、誰に従うかで殺されそうになったり生き延びれたりすれば、自分で判断して道を選んでいく主体性が必要になってくるのは当然であろう。
(親や教師から『自分で考えろ』と突き放されたとき意識が発達するし、言語野のように人間の脳の前頭葉などにはその意識を発達させる余地がちゃんと準備されている。)

主体性が必要だと意識が芽生えるのか?
自発性や能動性が大切なのか?
人間は自由意志があるということなのだろうか?
意識というのはこうやって社会的動物の進化に伴って誕生した脳の機能の一つに過ぎないのか?
コミュニケーションをとるために言語野が発達したように、主体性や自発性が必要で前頭葉が発達し意識が芽生えたのか?
神経系をもたない生物から反射や本能を発達させた脊椎動物に進化したように、自発性を備えた脳を持つ人類に進化したのか?
自発性を持つということは、自分自身を認識、理解、自覚するということなのだろう…
だが、自分自身を自覚することは、一層だけ許されたメタ認知として、、、
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line