本業


※ 人が生きていく上での『本業』とは、定職や自営などの仕事のことではなく、生きる意味を考えること、というふうにここでは定義して、以下、僕の意見を述べてみたい。



人生の意味を考える本業をおろそかにすると、現実の生活にも不幸や不運が襲ってくる。 もちろん、本業をしっかりやっていても、不幸や不運はやってくるが、それは、本業にヒントを与える、良い意味での試練なのだ。

この世での現実の生活において、就労している定職(人生の意味という本業に比べると、副業になってしまうが)に一生懸命真面目に頑張って集中しようとしても、邪魔が入る(ことわざにもある、好事魔多し)。しかし、これこそ、本業から意識が遠ざかってしまうことから、本来は好事ではないのだ。

この世での現実の生活において、放蕩暮らしをした場合、放蕩にうつつを抜かして、全身全霊集中してしまうということは、ないであろう。何故なら、そんな放蕩は虚しいから。呑む打つ買うなどの享楽にどんなにのめり込もうとしても、溺れるほどに心底楽しめることなど、この世には存在しないから。


結局、何が言いたいか?


まともな仕事を地道に勤め続けることや、平凡でも普通の家庭を持つことは、とても素晴らしいとは思うけど、それでも、これらに固執しようとしたり、さらに良い仕事を目指したり、家族をさらに安心して養おうとしたり、そんなことはやめた方がいいように僕は思う…


それくらいなら、放蕩息子や釈迦のように、虚しさを自覚しながら自暴自棄に自堕落に生き、いつでも、また本業に戻る覚悟を持っていた方がいいように思う…




スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line