謙虚に…

これでいいと思ったり満足したりするのはよくないであろう。人生の意味を探求する中で、目標達成するのはおそらく最後の最後、人生の最期の時になってだろう。それまでは、まだまだ人生の途中であり、中途で結論が出るわけがないのだ。人生の大先輩だろうと、聖人偉人であろうと、臨死の際で悟ったのでもなければ、悟ったと思ったことがただの妄想だったり、錯覚だったり、勘違いだったりする。最期の時まで人生の意味を探し求めなければいけないようにできてる以上、生きている間はずっと考え続ける必要があるし、わからないから傲慢にならずに、謙虚に慎重に真面目に生きていける。この事自体が、人生の目的に沿った生き方になっている可能性が高い。

ここまでは前置きだ。
ここから本題。

僕が日々、毎時間、一瞬一瞬ごとに行っている諸々の行動や思考には、正しいこともあっても、不実なことも数多くあるわけで、その罪の多さ深さは充分自覚できているとは、現時点の僕には到底言えない。傲慢さがあるのだ。もし亡くなった後の死後の世界で神に会えたら、いろんな罪の責任を神に転嫁しようと考えているから。
それが傲慢なのだ。
こんな世界を生んだ、こんな自分にしたのは神の責任だと。

こういう結論を出してはいけない。

結論を出さずに、いつも、我が身を省みながら、考え続けたい…

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line