コメントに対する返信

アウシュビッツ強制収容所の話は近代人類の残酷さを考えるにあたってすごくすごく考えさせられるものだ。

70年前のことだけど、人類の原罪を本当に考えさせられる。

クロマニヨン人の時から、あるいは、紀元前の時から、あるいは、紀元後も、人類は生きるために、生き残るために本能的な闘争を繰り返してきた。弱肉強食の。いや、たんに、弱肉強食というよりも、自分自身が生き残るためのエゴで。。。

コメントがきて、それにたいする返事よりも、こうやって記事にさせていただいたが、ナチスドイツの軍服やカギ十字のシンボルとか、そんなことよりも、人という存在の、あるいは、そもそもこの適者生存の世界の厳しい現実を考えると、本当に、この世に生きていることの残酷さを考えざるを得ない。まるで、生き地獄の様なものだ・・・


神はいるのか、いないのか。そんなことはどうでもいい。

いなくても、いても、この現実は大変なのだ。。。


スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line