待つこと


ヨブ記は、結局、何が言いたかったのか?

僕はたぶん

『待つことが大事』

だと言いたかったんだと思う。。。

ヨブは神に祈り、自らの死を願ったものの自ら命を絶つようなことはしなかった。とにかく、祈り、願い、神の答えを待った・・・願い求めた、自分のこの苦しみの理由を、解決を。

待つこと・・・

苦しみもなく、楽しさに溺れ、ただ漫然と茫洋と時を過ごすのは、待つことにならない。

苦しみをしっかり自覚して、それを解決するべく動き、祈り、願う、この心の働きが待つことだと思う・・・

平和な日本、もしくは、現実主義的な現代日本ではある意味、みな、苦しみを感じることなく、現実的な楽しみを追い求めることで人生の暇つぶしをして、本当は目の前にある苦しみから目を背けている、、、それでは、待つ境地になっていない・・・


(独り言です・・・)
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line