予測、予想、期待、希望・・・心配、不安、絶望・・・



動物と違って人は将来を予測できるし、予想する。予想するから、予想できるから、失望し得るのだ。


ハイデガーはその著書「存在と時間」で、何が言いたかったのか、僕には理解できていないが、おそらく、意志が未来に向かって志向することが存在することの意義なのだと言いたかったのではないのだろうかと思う。


カミュがシーシュポスの神話を挙げて、自分が折角努力して行ったことが水泡に帰す運命にあっても、100%無駄に終わろうと、また1からやり直さなければいけないことが分かっていても、それでも、今自分にできることをし、未来に向かって進んでいくことに意義を見出そうとしていたんだと思う。


予測、予想・・・


動物は、自分の努力が何回も何回も無駄になるようなら、学習性無力感によって、もう努力しなくなるという。つまり、予測予想するということなのだろうが、人間も実際にはシーシュポスのようにはなれない。途中でもう完全に動きをやめ、呆然として立ち尽くし、ひざまずき、崩れるように倒れ込み、しばらく臥せてしまうだろう。




スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line