遺書を書くときどんな内容になるか?

今まで何回か遺書を書いたことがあるが、僕の場合は、だいたい、残された親や兄弟に向けて「今まで頑張ってきたけど、もう疲れました」とか「自殺という大変な迷惑をかけてしまい申し訳ない」とか「でも、もう、本当に疲れてしまってこの先、生きていく喜びよりも苦悩の方が大きいので、大変申し訳ないけど先立つ不孝をお許しください」とか「自分のようにはならずに、皆は今の平安を大事に生きていってほしい」とか、こういったことを書いてきた。

(自分の苦悩を具体化してなどはいない。何が自殺の原因かなど、たくさんあり過ぎて書く気になれないだろう。いろんな原因が積み重なっているのだ。問題を単純化できる範囲を超えてしまっているのだ。釣り糸が絡まって、もはやほどけないほどに絡まり過ぎて、諦めて捨ててしまうように。)




自殺する人は、死後の世界はないと思って死ぬのだろう・・・まさか、天国に行けると思いながら自殺する人はほとんどいないだろう。。。

自分の一生も遺族の一生もたまたま偶然重なって過ごされただけだと思っているのだろう。

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line