脳は幻想を作り出す…

山鳥重Drは良い先生だと思う・・・


言葉と脳と心 失語症とは何か (講談社現代新書) 新書 – 2011/1/18


山鳥先生(神経内科医。失語症などが専門)の『言葉と脳と心』を読んでいて、連想したことがあった。

難治性てんかんのために脳梁切断の手術を受けた患者は、脳梁離断症状が出ることがある。

左半身が行なった行為の意図や目的が本人にもよくわかってないけど、言語野のある左半球が、左半身の行なった行為の結果を見てすぐに解釈し屁理屈を言う…本人には悪気はないのである。 本人は、本当にそのように感じているのだから。実際は、右半球が左半身で知覚した条件に従って起こした行為であり、左半球にとってはそれを知る由もなく、左半球はリーズナブルな推論を一瞬で構築し、リアリティをもって、左半球の意識に信じ込ませているのだ。

これは、作話も同じような機序で起きてるのかもしれないが、それよりも、夢の中での意識が似たようなものだろうなと連想した。

夢の中で人は、覚醒時の現実社会では決してやらないような恥ずかしいことをしでかしてしまう(裸で街中を走り回ったり…)。
夢の中で(いや、目が覚めてから夢を振り返って)、何であんな恥ずかしいことをしたのだろう、でも、なんか状況的にそうせざるを得ない状況だったし、仕方ないかぁ、まぁ、夢だからなぁ、、、などと適当に納得する。

しかし、実際に夢の中で主体性をもって動く主人公は、自分は自分だけど、もう一人の自分。そして、夢の内容自体も脳が瞬時に勝手に組み立てた偽りの夢。本当の夢が別にあるかどうかは置いておいても、とにかく、夢の中での自分の言動を、実際に自分が無意識なり顕在意識なりが感じているのだと早合点したり勘違いしたりしなくていいのだ。
夢は、あくまでも、脳が勝手に組み立てただけで、全くナンセンスなのだ。
脳が、自我に見させる、あるいは、何となく感じさせるものは、あくまで、脳の都合での物だ。自我には大して関係ない物だ。

例えば、汗をかいて、顔を枕に突っ伏していれば、デカイ怪物に顔を舐められるような夢を見るかもしれない。さらに、そこからさらに脈絡なく続いていくかもしれない。もちろん、記憶の整理として、最近興味関心を持った物がたくさん出てくる可能性は高いであろうが。

しかし、自我の精神には何の意味もない。


『言葉と脳と心』P200~201より要約

PS君の左視野に刺激提示→反応

笑う→実験者のことを微笑ましく思う
こする→後頭部をかゆく感じる

PS君の左視野と右視野に別々の刺激を同時に提示→反応

左視野に雪景色、右視野に鳥の足→左手シャベル、右手鳥の顔の絵を選択し「鳥の足を見たので鳥の顔を選んだ。鳥小屋の掃除に必要だと思ったのでシャベルを選んだ」とPS君は説明


この箇所を読んで、僕は、人間が自信満々に何かを説明しても、僕はそれを鵜呑みにしてはいけないと改めて思った。
本人は整合性のなさに全く気付いておらず、脳に騙されて、信念というか思い込みというかそれにとらわれているけれど、実は真実は違うことがあるのだろうと思う。

したがって、自分自身の思い込みも常に気を付けていきたい・・・


だからこそ、「我思う故に我あり」のような本当に本当に真実だろうと思われることを追求したい・・・



スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line