無題

今回は私のブログにコメントしてくださった方に対する返事を書こうとしたら、長文になってしまったので、コメント欄に書くのではなく、ブログ記事としました。

たぶん、不愉快な思いをされてしまうかもしれないなあと思いつつ、気を遣うのも疲れてしまうので、率直な意見を書きます。



> 個人の独り言であれば、日記帳に書けばいい訳で
> ブログという「誰かに読まれる場」に書く限り
> 間違っていれば、批判されることもあれば、炎上することもある。
> その言い訳は通用しませんよね。

いや、良いわけではなく、実情を言ってるだけです。


> さて、今の反対は永遠だと思うのは、ご勝手ですが
> 明らかな「間違い」なら正すべきです。


間違いかどうかはこの際どっちでもいいんです。私がどんな文脈で「今の反対は永遠だろう」と考えたかというと、「今とは何なのか?」と考えててとにかく何でもいいからいろんなアイデアを考えてただけですから。まぁ、反対かどうかというより、「永遠」という概念から「今とは何か?」を考えられるかなあとふと思っただけです。


> マイナス∞という文脈で語るのなら、それは詭弁というもので
> むしろ、ゼロは、プラスとマイナスの中間点という、
> 三角関係の文脈を考えるべきでしょう。


詭弁とお考えになる理由がわかりませんが、微分積分を勉強した時、∞とゼロが対極のものだというのは、数学的には常識だと思っていたのですが…まさか、詭弁と言われるとは思ってもいませんでした・・・


> それから、石ころは鉱物で、生き物ではありませんから
> それは「暴論」であって、反論になっておりません。


いや、別に生き物でないのはわかってます。ですから、石ころと人間は、原子が集まって、分子が集まってできた物質ですから、石ころも人間も物質という点で同類ですよね。
私がこのことを言った文脈では、癌ダムさんが人間も他の動物も同じ扱いをされたので、そんなことを言ったら、石ころも人間も同じ扱いをしていいと思って、言ったまでです。つまり、人間が動物よりもさらに上の次元の存在であることを言いたかったために石ころを持ち出したわけです。石ころと人間を同じ扱いにしても思考はそこでストップしてしまうように、人間と他の動物を一緒に考えてたら、もうそれで思考は進まなくなってしまうと言いたかったんです。もちろん、同じ共通点としての動物であることについては蔑ろにするつもりはないし、人間が他の動物より優れているとかそんな傲慢な考えは持っていません。



> 昨日のニュースで、霊長類の記憶についての研究が紹介されていましたが、僕が話しているのは、例えばそういう事です。


情報ありがとうございます。検索して、初めて知りました。

マウスではできてた神経細胞のスパイン観察を霊長類のマーモセットでも世界で初めて理化学研究所が可視化し観察できたということらしいですね。

まぁ、日本の研究者頑張って下さいと言うほかないですが、こういう実験をいくらやってても意識についての解明は難しいような気が・・・

あ、違いますね。
京大霊長類研究所のチンパンジーやボノボにも一度だけの経験で記憶できる能力があるという研究のことかな・・・

まぁ、とにかく、いろんな研究を蓄積していけば、少しずつ意識の解明につながるかもしれませんが・・・





> 人類は、決して特別な存在ではなく
> 進化の過程で現れた霊長類の一種であり
> 他の霊長類も、それと同じような特長や考える力を持っている
> ・・・と、考える方が、正しいアプローチですね。



そうですね。別に、そんな傲慢に考えているわけではないですよ。というか、私にとって優劣は興味ありません。



> 貴君のおっしゃるのは、地球が宇宙の中心で
> 天が、地球の周りをまわっており、回しているのは神様だ
> というような、間違った基準の話ではないでしょうか?
>
> 論理というのは、事実の上に組み立てられるべきもので
> 虚構の上に組み立てられたモノは、どこまで行っても虚構ですよね。


事実が何かは本当にわかりませんね・・・ほんとうに・・・常識、偏見、先入観はすべて排除して考えていきたいです。つまり、私が今見ている物、感じている物は錯覚幻覚の可能性もあるので・・・



> 、「今私が存在する」というのは、絶対の真実なんでしょうか?
> 世の中は「相対的なもの」ですから、
> 絶対的真実なんてものは、そもそも存在せず


デカルトのコギトエルゴスムは御存じないでしょうか?これは絶対的真実だと思うのですが・・・これも否定されるのでしょうか・・・




> 要は、神様なんかいないんだ…という処から出発しないと
> な~んも見えてこないと思いますよ。


神がいないと証明できたのでしょうか?神の不存在証明はまだできてないですよ。苫米地とかいういかがわしい人が変な引用して一般人を騙してますがw




> とりあえず、今の反対は永遠ではないことから始めましょう。
> 次回は、勝手な思いではなく
> 論理的に納得のいく反論をお願いいたします。


まぁ、どっちでもいいんです・・・
考えたいのは、「今とは何か?」なんです。そのヒントになるかなあと思って、反対の概念を探していただけです。反対の物から、何かヒントが得られるかなあと思っただけです。


> なんのために生きるのか?は
> ご自身の死生観を見つめ直すことだと、僕は思います。
> それに向き合うことは、怖い事ですか?


いや、私は死を全然怖いと思ってないんですよ。蛇が怖い人、幽霊が怖い人、死が怖い人、世の中いろんな考えの人いらっしゃいますが、私が怖いと思うのは、そうですねぇ、死ぬ時の苦痛ですね。死に対する漠然とした不安感よりも現実的な癌性疼痛や呼吸不全などが私に耐えられるのかどうか(まぁ、耐えられると思いますが)ですね。


> 余計な一言ですね。失礼いたしました。


いろいろ、思いつくまま、書いてしまいましたが、お気を悪くされないでください。すみません。ブログの良いところは、現実の社会生活と違って、フランクに本音で言えることですね。現実の生活では、他人への言葉遣いとか、配慮とか、本当に疲れます・・・本音と建て前、お世辞と社交辞令、腹の探り合い、もう嫌になります・・・


とにかく、コメントしていただいて本当に感謝してます。じつは、コメントしていただいたことと関連することで新たな考えるヒントを思いつきまして、議論というのは、自分一人で考えるよりも、他の人のちょっとした意見から、思いもよらない(全然関係ない)アイデアを着想することになることも少なくないわけで、本当に有難いです。
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。長文のお返事、ありがとうございます。

まず、申し上げておきたいのは、僕は決してクレームを付けている訳ではなく
「いま」を考える上で、参考になりそうな
「考えるヒント」を提供しているつもりですし
論理が破たんしている部分は、反証を挙げてバックアップしたり
話が飛んで変な方向に行ってる部分は、疑問符を付けたりして
論理的な抜けや間違った答えを導かれないよう、
思考のお手伝いをしているつもりですよ
(余計なお節介、大きなお世話でしょうけどね・・・笑)

だから、気を悪くなんてしていませんし
面白くなってきたなぁ・・・と、
むしろ、楽しく拝見させていただいております。

まぁ、こんなことも、話をオープンにしている「ブログの宿命」ですから
妙に気を遣ったり、ガードを固くされることなく、
正しいと思う部分は、深化させて
変な部分は修正されていったらいいのではないでしょうか?


> 「今とは何なのか?」と考えててとにかく何でもいいから
> いろんなアイデアを考えてただけですから。
> まぁ、反対かどうかというより、「永遠」という概念から
> 「今とは何か?」を考えられるかなあとふと思っただけです。

思っただけ…なら、違う意見が出てきたら、それと合わせて考えればいいのに
なんか、意地になってませんか?(笑)
マイナス∞の話も、そのこと自体ではなく、それを「いま」と「永遠」の関係に
無理やり当てはめてる事に対して「詭弁」と云った訳ですが
それでも、「永遠」の反対は「瞬間」ではなく、「いま」だと思いますか?
今そのものではなく、「今という瞬間」とごっちゃになっていませんか?


それから、霊長類についてですが
人類だけが特別だと考えるのは傲慢だと気づかれてホッといたしました。

僕が、動物にも記憶があると思うようになったのは
実は、飼っていた猫のうち、何匹かが「寝言」を言っていたからです。
時には怒ったり、むにゃむにゃ喜んでいたり、舌なめずりしたり・・・
これは、「夢を見てる」んだな?!と確信するに至ったんですね。

あるレベル以上の哺乳類や鳥類(たとえば、犬猫やカラス)なら、
「今現在」と「過去の記憶」そして「未来予測」の
区別はついていると思いますよ。
そう遠くない将来、科学的にも立証されると思います。

だから、人類だけではない・・・とテーマに挙げた訳です。
無意味に反論している訳ではありません。


> デカルトのコギトエルゴスムは御存じないでしょうか?
> これは絶対的真実だと思うのですが・・・
> これも否定されるのでしょうか・・・

あのですねぇ…17世紀、産業革命以前の哲学ですか?
21世紀ですよ、哲学だって、めちゃめちゃに進歩してるですよ。
別に、否定はしませんが、
ちなみに、A.ピアスは悪魔の辞典の中で
「われ思うゆえにわれありと、われは思う」と皮肉っていますし
夏目漱石も「アホか!・・・」みたいなことを猫に言わせています。

別に、マイケルサンデルを読めとは申しませんが
せめて、サルトルくらいまでは読み進んで、
それから「いま」の哲的概念を考えたらいいのではないでしょうか?

宗教としての神の存在は認めますが、科学的かつ哲学的な思考ではありません。
「神なんかいないんだよ~、いい加減気が付けよ」と云ったのは、

僕ではなくニーチェですし、
「あんたが思おうが思うまいが、あるモノはあるし、ないモノはないんだよ~」
と、サルトルに先駆けて、ケツをまくったのは、ハイデッガーだったかな?

宗教ではなく哲学のスタンスなら、とりあえず、
そうした知識を前提として考えなければ
・・・そうですね、手工業の知識と概念で、工業化やコンピュータ化をすっとばしてネットワーク社会を考えるみたいな話になりかねません・・・ですよね?

古い概念が、却って新しかったりするなんて話は
まぁ、ワナを仕掛けて、置いておきましょうかね・・・


> 私が怖いと思うのは、そうですねぇ、死ぬ時の苦痛ですね。
> 死に対する漠然とした不安感よりも現実的な癌性疼痛や呼吸不全などが
> 私に耐えられるのかどうかですね。

まさにそのことを、世間一般では「死ぬのが怖い」というンですよ(笑)
その時の状態や、何をを感じているかなど、僕は知っていますが
どの道、是認が通る道ですから、別に知らなくて良いように思います。


ところで、今の概念が曖昧化したのは、相対性理論のせいですが
それによると、ゼロ=無限大が可能となる瞬間(…というか場合)が
存在しうる訳ですね。
転じて言えば、いま=永遠も可能になる場合も存在しうる訳です。
さて、どんなシチュエーションでしょう?

また、「いま」の概念をはっきりさせることと
「何のために生きるのか」の間に、どんな関係性があるのか?
まぁ、それがわからないから、こんな問いを発してらっしゃるのでしょうね。

もしかして、貴方の「神」は、
もう、貴方を守ってはくれなくなったのでしょうか?

ついでに言うと、神のような独裁者はいませんが、あの世はあります。
個と全体が調和した、心安らぐ平和なネットワーク型社会です。
(まぁ、これも、いずれ理解・経験される話ですから、お楽しみ…ですね)

なんて事で、また素敵な反論を書いてくださいね。
悪事はありません。むしろ逆です。・・・失礼いたしました。

Re: No title

コメントありがとうございます!

ちょっと時間がないので、少しだけ返事させていただきます(他の件についてはまた後日)。

今の反対は永遠か否か、という議論自体はそんなに重視してません。そもそも、反対の概念すら、私は常識的な考えを捨てていかなきゃと思ってるので、適当に考えてます。
永遠について考えると、今がわかってくるかもなあと思ってる程度です(安心してください、べつに意固地になってませんから)。


PS:あの世ってあるのですか?w

No title

あるけど、貴方には決して見えないでしょうね。
だから、貴方にとっては、ないのと同じことですし、同じ意味です。

だから、説明はしませんが、今と永遠と同じように、
我が思おうが思うまいが、あるモノはあるし、ないモノはありません。

お返事

∞の反対はマイナス∞か?それともゼロか?

ならば、永遠の反対は瞬間か?それともマイナス永遠か?(なわけないが)

今の反対は何か?

そもそも、反対という概念は左と右のようにその性質に特徴があり、その質に対極的な二つの物がある場合に比較して言う概念だ。

だから、数字の3.192の反対は?と問うても意味がない。鈴木の反対は?と問うのと同じくらいナンセンスだ。

二等辺三角形の頂点の反対は?という問いにも答えはないであろう。

今の反対なんかないだろう。

永遠の反対は瞬間でもいいであろう。

今は、いくつもある瞬間の中でも「今のこの瞬間」というものだが・・・

文学的には「この瞬間は永遠だ」という名言があるが・・・


動物にも記憶があるのは当然でしょう。しかし、質が違うでしょうね。人間は特に前頭前野で機能する作業記憶が発達した動物であり、これがさまざまな知性を向上させる大きな一因となったわけです。この作業記憶に必要なworking areaは動物によって、脳の中に占める割合が霊長類や人間などの高等動物になるほど大きくなるわけで、しかし、やっぱり人間が一番桁違いに発達しているわけで。


時間や意識などについては、それぞれ理論物理学や脳科学などとのコラボで考えて生き延びようとする哲学者が多いですが、ダニエルデニット、デビットチャーマーズなどいますが、彼らも私からすると物足りないし・・・何か素晴らしいアイデアを提唱する人は今後出てくるのかどうか・・・

ニーチェが出てきたので、ちょっと、自分の考えを言いたいのですが、私は、玉石混合のいろんな仮説の中で、まず、その提唱者の人格を見ることにしてます。変な人格の人(例えば誇大妄想的な人、躁病的な人)の話は、私はだいたい却下してしまいます。

ニーチェも神経梅毒の人です。梅毒になるような不品行な人格であるのもそうだし、脳梅毒の症状でぶっとんだことを言ってるんだと思います。

温故知新なので、ベルクソンやハイデガーなどの古典も勉強はしますが、やはり限界がありますね(デカルトも限界がありますし)。

とにかく、有益な話だけをピックアップしたいです。

死ぬときの苦痛が死が怖いという人も多いんでしょけど、残される家族のことを思ったり、自分の一生は何だったんだろうかと考えて、死に抗いたくなるような人も少なくないと思います。
とにかく、死生観に直面することは怖くはないですね。まあ、死んだら今のステージを卒業できる楽しみがあります。

ビックバンによって時間と空間が誕生したというのはいまだに仮説の段階ですよね。この世界が誕生する前も時間はなかったから考えても仕方ないとかいうのは早計だということです。

この先、ビッククランチで世界が一点に帰るのかどうか・・・

「我思う故に我あり」が疑いようもない事実、真理であると僕は考えているわけですが、これをより正確に表現するならば「今、自分が存在することは疑いようもない事実」ということになり、それで、「今」について考えているわけです。
さらに、何のために生きるかを考えると、この世の真実を知らなければどうしようもないわけです。(別にこの世の真実を知らなくても、ある人は、幸せな家庭をもって平凡に生きるのが自分の生きる目的なんだと思っていてもいいわけです。しかし、それでうまくいく保証はまったくないでしょうね)

私に「神」がついてくれているのでしょうかね?
ついていて守ってくれていたら、うれしいですねw


まぁ、あの世もなくても全然かまわないのですが。



以上、まとまりないつたない文章でした
(今、別なことを考えている最中で、あきっぽくてすみませんw)

No title

ほら、また始まった。

絶対に、間違いを認めようとしない悪い癖。
他の人が、せっかく善意で何か言ってくれても
必ず「否定」しかしない人。
だから、みんな貴方から去っていく。
誰も、貴方に近寄らない。

話を逸らすか、論点をずらすか、逃げを打つか
とにかく、まともに向き合おうとしない人。

おそらく、自分にも、ちゃんと向き合わずに
いつも、いつまでも「逃げてるだけ」なんでしょうね。


今の反対はないか?…というナンセンスな命題に付き合って
論理の矛盾点を教えてあげたら
かんしゃされるどことか、無意味な反論を繰り返すので
その「おかしな点」を、変ですよと教えてさしあげたら
今度は、どうでもいい話で、さして興味がない・・・ですよね。

で、一言も感謝するわけでもなく
今の反対は、意味がない。
三角形の反対はない。と、自明の理を吐き捨てるように言うけど
これは、ぼくが、教えてあげたことですよね。

お友達、デカルト以外、誰も いなくなりますよ。



コメントありがとうございます

いつも大変感謝してます。

ところで、人間は感謝されるために生きるのか?と時々思います。
もちろん、人から感謝されるように生き、働くのは素晴らしいことだと思います。しかし、感謝は副次的な結果であって、もっと大事な事があるんではないかと思うのです。

(聖書の中でも「感謝」というのは出てこないんですよね(ただし、旧約聖書と四大福音書の中だけでの話です。パウロなどの手紙は私はあほとんど重視してません)。)


何故、こんなことを言うかというと、人との関わりの中で、相手に対して、自分は敵意を持ってないこと、むしろ友好関係を持ちたいと思っていること、そして、相手に対して、共感・笑いや感謝をアピールすることで関係性を親密なものにすること、これらは、すべて、人生を要領良くやっていくための腹黒い作戦のように感じてしまうことが少なくありません。
感謝されないと相手は不満に思い、関係性が悪くなるのは、よく承知しております。しかし、本当の深い信頼関係の中では感謝するしないは関係ないことがほとんどです。もちろん、普通の人付き合いでは、深い信頼関係になるわけではないので、感謝をきちんと表明した方が良いでしょうね。


また、世の中には、誰かに感謝されることがないものの大事な仕事というものもあります。


感謝も大事ですが、それよりも大事なものがあるのですが、それは、ここでは書かないでおくことにします。




line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line