人間は苦労するのが日課

『あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。』

マタイ6-34


イエスははっきり断言している。
「あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう」と。
そう、明日は思い煩うような苦労の多い日なのだ。明日が楽しくなるように、あれこれ予想したり願ったりするのは、間違っているのだろう・・・
人間は苦労するのが日課であり、ただし、ただ苦労するのではなく、苦労の中で神を求めようとする姿勢が人間の本分なのではないかと思った・・・

マタイの6章を上記の前から引用する

『だから、何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな。 これらのものはみな、異邦人が切に求めているものである。あなたがたの天の父は、これらのものが、ことごとくあなたがたに必要であることをご存じである。 まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。 だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。 』

自分のしたいこと、楽しみ、など夢想してないで、日々の苦悩の中において、何よりもまず神の国と神の義とを真摯に求めることが大切なのではないかと思う。
神の国とは自分の心の中にある天国のことで、神の義とは愛・誠実・努力などのことじゃないかと、思う・・・
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line