受動意識仮説

前野隆司さん(工学部教授、主にロボット関係の研究をされている)の提唱する受動意識仮説というのがあります。
私はあまり受け入れることはできませんが、それでも参考になる、というか、インスピレーションを得るきっかけになってます。
自分という意識の存在を錯覚として認めるとは一体どういうことなのか、あり得るのか?
錯覚でも何でも感じることは、デカルトのコギトエルゴスム『我思う故に我あり』としてやっぱり自分という意識の存在は錯覚でも何でもなく実際に存在することになると思うのです。

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line