無から有?

無の状態から何かが生まれると言うことは、あり得ないんじゃないかと思います。
それと同じように、自分という存在も、無から生まれたとはとても思えないんです。ずっと以前から存在し続けて、輪廻転生を繰り返しながら、その時々の記憶は薄れたり無くなったりするかもしれませんけど、自分という精神はずっとあり続けているんじゃないかと。
有るものはずっと前から有るんだし、これからも永遠に有り続けるんだと思うんです。

記憶や体験というのは、本質的なものじゃないと思うんです。気分の良いとき悪いときがあるように、精神という本体は変わらずあり続け、それを修飾するような気分・感情・記憶・考え・価値観はその時々で変わったり無くなったりするかもしれませんけど、自分という存在はずっとあり続けている。。。
物質も粒子になったり、波になったり、エネルギーに変換されたりするかもしれませんが、それはその物質の状態が変わっているだけのことで、存在そのものはあり続けていると。。。

物質と魂。この二つが、質的に異なる存在であることは明らかですが、魂もずっと以前から存在し続けていて、もしかしたら、死後、現世の記憶をなくして来世でまた違う環境の元で生き始めるのかもしれない。。。そのときの自分も、あくまでも自分という感覚をもって生きている・・・
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line