ターミネーター新起動のCM

映画「ターミネーター」の新作がもうすぐ公開される。その予告編のCMがTVによく流れている。
その中で、ターミネーターが運転する車が道路上で逆走している場面がある。その時、ターミネーターの目は前方から次々やってくるたくさんの車を次々認識し、アクセルとペダルを巧みに踏み分けハンドル操作して衝突しないようにうまく逆走している。その時のターミネーターの目の認識する様がモニター画面として映っているわけだが、ターミネーター自身がそんなモニターを介して外界を認識しているかどうか、ふと疑問に思った。

モニター画面はあくまでも、人間がわかるように、つまり、観客たちが理解しやすいように、映像としてうつされているだけだ、映画として・・・


これと似たようなことは、PCでもある。
ディスプレイに映るデスクトップのアイコン・・・あるファイルをごみ箱に捨てたり、人間は画面上でカーソルを操作していろいろやっているが、PC自身はそんな風に処理はしていない。ただ、マウスの移動距離方向などを計算してやっているだけだし、機械語の仕組みは本当に人間にはわかりづらいし、PC本体のCPUの中での電気の流れはもっと人間には一々理解することは難しい。


これと同じようなことは、他人に対しても言える。
自分自身は頭の中でいろんなことを感じ、考えているのが、他の人の思考を読む時も同じようにやってしまいがちだが、実際には全然違うことだろう・・・



そもそも、自分の感じること、認識すること、考えることは、自分の頭の中だけで思い浮かべられるようなもので、それが他人の考えをも映し出せるようなスクリーンにはなっているわけではないし・・・

(意味不明ですみません)
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line