手紙や日記を自筆で書くことの重要性

成人の脳はもう発達しようがない。
それよりも、幼児の脳の発達はその後の能力の向上に大いに期待できる。

幼児のころに、右手で絵を描くなり、文字を書くなり、とにかく、右手の巧緻運動を訓練することが特に大事だと思われる。
もちろん、話し言葉も大事なのだが、話すというのは、ブローカ野しか使わない。しかし、書字というのは、ブローカー野とともに右手の運動を司る運動野を大いに刺激する。もちろん、話すときは咽喉頭の動きを司る運動野も活発に機能しているであろうが、咽喉頭と手先の運動は、随意性の余地が大幅に違うわけだ。発声器官の動きを自分でコントロールするのは、ほとんど無意識下で、自分の意識でどうこうできる余地は多くはない。しかし、右手で文字を書くのはいろんな書体で書くこともできるし、筆圧や文字の大小、丁寧に描くかどうかなど、自分の意識でいくらでも工夫できるのだ。

そして、ここが一番大事だが、自分自身を意識して、あるいは、読む相手を意識して、文字を書くことが大事だ。できれば、日記や手紙などを書くようにした方が良いだろう。
何故なら、自分や相手を意識することは社会脳を養う意味で非常に有意義だから。

文字を発明し、それを、法律などという不特定多数に命令するためだけに文字を使う段階から、自分自身や親しい人への内省や洞察をしながら書く手紙が発明されてから、自意識を自覚するような進化の段階にステップアップしたと思われる。

しかし、繰り返しになるが、幼児・学童などの脳の発達途中の者だけに、意味がある。


最近の日本は、携帯やスマホでメールをしてばかりいるが、これは進化の上で退行してしまうような心配がある・・・
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line