人生を苦しいと思っては、、、いけない。

モームも半自叙伝の「人間の絆」で言っているが、才能があると思っていたら実は凡庸な人間であることに遅かれ早かれどんな人も気づくものであるが、それが遅すぎると悲惨だ・・・


別に天命や使命などない・・・



僕は、人の苦労を共感できない・・・いや、共感はするのだが、冷静に見てしまう・・・
何故なら、人生は苦しみであると当然のように考えているからだ・・・

何故そう思うかと言えば、

小さい頃から母親にきつく躾けられてきたからだ、精神的にも身体的にも虐待されながら・・・母親は時々囁く「今は辛くても、大人になってから報われる」と・・・
よくわからないまま、幼い僕はとにかく苦しいのを我慢するのが人生だと考えるようになる。。。周りの友達は楽しそうに笑っているが、大人になったら立場が逆転して、僕の方が笑っていると・・・

遊びはせずに、家事もやり、勉強もやり、つまらない日々を送っていたが、勉強はかなり苦痛だった・・・

何かの調査で、小さい頃に我慢することができた子は大人になってからIQや経済力などが高かったという報告がある。
しかし、僕の場合、我慢はしていたが、それにも限界はある。やがて勉強はダメになっていく(勉強しろと言われながら、家事ももっとやれと言われ、家事と勉強は両立できない。二宮金次郎のようにはなれない・・・)

とにかく、家事と勉強で忙しくしていた。

友達が「暇だ~」というのが理解できなかった・・・僕にはやるべき家事や勉強がたくさんあったから。


しかし、友達の方が人生の真理をよくわかっていた。人生は暇なものであり、楽しいことで暇つぶしすることが真の人生なのだろう・・・

面白い遊びを発明する、楽しいことを思いつく、こういうことこそ人類が延々繰り返してきた大事なことなのだろう。

普通の人は、人生は苦しいものであるなどとは思わない(中高年になってやっと気づくかもしれないが)。
人生は暇なものであり、その暇を以下に楽しく過ごすかが大事なのであろう・・・

社会的に成功している人は、仕事を楽しく面白く(というか熱中して)取り組める達人であろう。

成功していなくても、ほどほどに普通の生活をしている人も、仕事や人付き合いを無難に暇つぶしにきちんと、そして、大きなトラブルに見舞われないよう気を付けながら、安定して継続していこうとしている。


安定感、、、人並みに平均以上に安定した生活を送り、人生を楽しく過ごそうとする人が正しいのだろう・・・








スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line