切腹

武士の切腹


NHKの木曜時代劇「かぶきもの慶次」をちらっと見ていた・・・
ちょうど武士が切腹する場面だった。
安田継之丞という武士が、息子に介錯を頼んで、切腹する場面・・・
部屋には父と息子の二人しかない。
父は遺言を息子に伝え、そして、いよいよ切腹する。太刀が腹に突き刺さっている。しかし、刀を持つ手が震えている息子・・・

そこへ前田慶次が駆けつけ部屋に入ってくる。前田が息子を部屋の外に出し、安田継之丞に代わりに介錯する旨伝え、「御免」と言って斬首した・・・

切腹という自殺行為は、本当に昔は普通にやっていたのだろう・・・
現代でもヤクザが指を詰める行為をしているようだが、僕には、とてもまねできない・・・

バンジージャンプとは違って、行為に確実に痛みおよび取り返しのつかないことをこれからしようとする勇気・決意・覚悟が伴う・・・

家族でドラマを見る午後8時台のNHKで、こんなショッキングなことを放送するとは、、、まぁ、別に生々しい映像は一切出していないが・・・



何故、人間は死ぬのか・・・
何故、痛い思いをして、苦しい思いをして、死ぬために、生まれてくるのだろう・・・・
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line