大勢の人の前で・・・


人の行動を観察していると、人間のいろんな嫌な面が目についてくる・・・

たとえば、仲間内や親しい間柄だと自分勝手な我がままを平気で言うのに、知らない人や大勢の人たちの前ではシュンとして静かになってしまう人。。。こういう人はきっと自分本位で物事を見ていて、自分の意のままにならなさそうな状況だと静かに大人しくしておいた方が得だと思うのだろう・・・

私も人のことは言えないが、考え方が逆だ・・・自分が何とかしなければいけない家族相手だと、責任感から、相手に嫌がられようとも、自分が不利な状況になろうとも、義を通そうとしてしまう。一方、自分がしなくても、誰か代わりの者がやってくれるだろうと思えば、放っておいてしまうし、むしろ、自分が損な役回りになろうと、まぁ、それで全体が落ち着くのならと思って甘んじて受け入れてしまうのだ・・・


前置きはこれくらいにして、


国家権力か、団体の圧力か、とにかく、大勢の人たちが、自分の周りを取り囲むようにして、自分のことを見てきた場合、普通の人はうろたえることだろう。中には、取り乱して、迫害妄想でパニックになる人もいることだろう・・・

しかし、それは、自分の行ってきたことに何か後ろめたいことがある人であろう。あるいは、弱くていつもイジメられてきた人だろう。

人生に対していつも真摯に向き合ってきた人は、きっと、うろたえることはないだろうし、いつも、縁の下に隠れて自分を目立たなくしてきた人は、そういう表舞台に出された時こそ、日ごろ溜め込んでいた自分の思いを主張することであろう・・・




麻原彰晃死刑囚は、地下鉄サリン事件やオーム真理教の闇に関して、今も何も言わず、何も主張していない。

イエスが捕まって、祭司長・律法学者たち、ピラト、ヘロデの前で、質問された時(四福音書で多少違いはあるのではっきりしないが)、ピラトの質問には答えた。ヘロデには一切答えなかった。祭司長たちにもあまり答えなかった。

何故、ピラトには答えたのか?




とりとめのない支離滅裂な文章になってしまった・・・
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line