この世の延長線上の天国、神の国・・・・

キリスト教は、誰を対象にしているのか?全人類ではなく、神の作った部族・その末裔だけか?神の目的がただ自分の作った部族の繁栄なら、そうことになるだろう。
本や映画もそうであるが、誰を対象にしているかは、何を最終的な目標としているのかで、自分には初めから関係のないものかどうかを判断できる。例えば、書店で斬新な題名の本を手に取って、一体どういう内容なのか、目次や、あとがきを読んだりして、金持ちになる方法や仕事でうまくいく方法などを書いている本なら、もう、本を置いて立ち去ってしまう。
キリスト教は、一体、どういう人を対象にしているのか、何を目標にしているのか???
永遠に生き続けることを目標に、永遠に生きたい人を対象にしているのなら、僕には関係のない宗教だ・・・

ヨハネの黙示録には、金銀財宝でできた神殿が出てくる。天国でも、宝石や住居が価値あるものなのだろう・・・しかし、僕には宝石も興味ないし、住まいなどなくていいと思っている。ただ、宙をさまようだけ、ふわふわと漂うだけでいい・・・そして、いつのまにか、消えたい・・・


やはり、キリスト教も、神も、仏教も、僕には縁のないものなのだろう・・・・
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line