危険ドラッグをやる若者

嫌煙の世の中、若者の喫煙率は低下しているが、危険ドラッグをやる若者は増えていると思う。。。特に、低年齢化が進んでいると思う。

大学生はおろか、高校生まで、違法薬物に手を出しているのではないかと思う。

オランダでは、大麻が解禁されているが、これは、マフィアなどの闇組織の資金稼ぎの温床となっている薬物売買に対する苦肉の策だ。もし、大麻を合法化しなかったら、非合法な手段でのルートが活気づくだけだから。


今の日本も同じかもしれない。タバコくらいですませればいいものを・・・

タバコと違法薬物(脱法ハーブ、大麻を含む)との大きな違いは、脳への影響である。
タバコで、脳が委縮することはないが(タバコが動脈硬化を起こし、長期的・二次的に、脳血管性認知症を起こすことはありうるが)、大麻ですら神経伝達物質の過剰放出を起こし神経細胞の変性・脱落・死を招く・・・


まぁ、それでも、いいやと、自棄的になっている若者も多いだろうし、こういうことを知らずに依存性があるだけでしょという若者が多いのだろうし、本当に、大麻も含め違法薬物は怖い・・・
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line