理想

理想

コリント人への第一の手紙
第13章
『13:4愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、 13:5不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。 13:6不義を喜ばないで真理を喜ぶ。 13:7そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。
13:8愛はいつまでも絶えることがない。』


ガラテヤ人への手紙
第5章
『5:16御霊によって歩きなさい。そうすれば、決して肉の欲を満たすことはない。 (中略)5:19肉の働きは明白である。すなわち、不品行、汚れ、好色、 5:20偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、 5:21ねたみ、泥酔、宴楽、および、そのたぐいである。(中略)5:22しかし、御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、 5:23柔和、自制であって、(中略)5:26互にいどみ合い、互にねたみ合って、虚栄に生きてはならない。 』


上記は、愛とそれに反することの具体例を列挙している箇所だ。

理想とすべき行いは、

寛容で、情が深く、真理を喜ぶ
信じる、希望を持つ
ねたまない
自分の利益を求めない
何か不義・不条理・理不尽があっても
耐え忍ぶ、いらだたない、怒らない、自分の感情を自制することだ

自分のためにさらに何かポジティブなことを求めたり
世界の中のネガティブなことに批判をしたり立ち向かおうとしたり
は良くないと思う・・・
(イエスの言動とは矛盾するところもあるが・・・)





最近、キリスト教的な内容ばかりですみません・・・
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line