神に願うこと

神に何かを願うこと、それは、良いことなのだろうか?

願いというのは、結局は、自分のエゴであることが多いから・・・


「求めよ、さらば与えられん」というけれど、求めるというのは、神の喜ぶことを求めるということであろう。

人のために何かをしたいと思ったときに、神にそれを求めれば、もしかしたら、時を経て、願いをかなえてくれるかもしれない。

しかし、自分のためのことならば、あるいは、良かれと思って願い求めていることが神の目に正しくない場合は、そういう願いは叶うことはないのかもしれない。


と思いながら、仕事の帰り道、心の中で「人助けをさせてください」と願っていたが、ダメだった。口に出さないで祈り求めることは神には届かないのかもしれない。
家に帰って、ネットでダメ人間のニコ生を見ながら、この人が神様を信じられるように奇跡を起こしてくださいと口に出して願ったが、これも全く何も起こらなかった・・・

まぁ、神のやることには時が必要なのだろう・・・

繰り返し繰り返し祈り続けるしかない・・・


自分のためのことではなく、神の栄光を現わすための願いは、いつか聞き入れられ、実現する(かもしれない・・・。というふうに半信半疑で祈ってもダメなのかもしれない。強く信じながら祈り続けたい。)


スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line