ひたすら快を求め続ける存在・・・・

人は、置かれている状況によって、苦しくなったり、楽しくなったりする。
苦しい状況が長く続くと、脳内の神経伝達物質も消耗し、枯渇し、細胞は変性し、脱落し、脳は萎縮していく・・・
そして、楽しい状況に代わっても、もはや、脳はそれに反応する力は失っており、うつ病という診断になるのだろう。


人は、置かれている状況・環境次第で幸せになったり不幸せを感じたりする。
良い環境だと幸せを感じ楽しくなり、ますます、楽しさを求めようとする・・・
まるで、エサを求めるゴキブリのように・・・


細菌は栄養源があるとどんどんどんどん増殖していく。増殖できる場所とエサがある限り、どんどん増えていく。
人間が幸せを求め続けるのも、同じようなものだ。


もちろん、細菌が増えすぎて、スペースが足りなくなってくると、増殖をストップさせる。
まるで、人間が、成長して、やがて、社会でのストレスを感じるようになり、幸福追求の限界の壁にぶつかった時のように。
細胞は無尽蔵な増殖から、やがて、apoptosisという名の自殺をする・・・


癌細胞は、局所で増殖していきつつも、新たな増殖スペースを求めて、血流やリンパ流に乗って、新天地を目指す。
しかし、やがて、宿主である人間の本体が癌によって寿命を縮められ、癌も死んでしまう。

癌は局所での増殖し過ぎて中心部は壊死してしまう。
自業自得のように。



とにかく、人間という生き物は、楽しさを求め、ひたすら求め続ける生き物だ。
そして、そういう時の夢中になっている人間の心は多幸感でいっぱいだ。



だが、人間だけでなく、他の動物も同じだろうし、植物も同じかもしれないし、石ころも同じかもしれないし、この宇宙に存在する物質はみんな同じなのかもしれない。



スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line