愛がわからない人

愛がわからないという男性がいる。その人は結婚して子供もいる。
頭もいいし、よく気が付き、他人への配慮も行き届いている優秀な人だ。

愛がわからないというのは、いったい、どういう心境なのだろう。
きっと、頭が良すぎて、人の嫌な面も見えてしまうのだろう。。。
妻子を持ち、養っていくのも、遺伝子がなす人間の本能に過ぎないと悟ってもいるのだろう。
妻から愛していると言われても、妻のその愛という感情が脳が引き起こす錯覚だということもわかっているのだろう。

空しくなるけれど、それが現実だと割り切って、それで愛がわからないのだろう・・・
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

愛を疑ってしまう=信じることができない、ということなんでしょうかね・・・

なぁさんへ

いつも考えさせられるコメントありがとうございます!
以下は自分の頭の中での独語です。。。

信じるとは何を信じることか?
相手のことを信じるとは相手の何を信じることなのか?
相手が、この自分のために命を懸けて守ってくれることか?
相手が、浮気をせずに自分だけを生涯愛し続けるつもりでいることをか?

頭の良い人は、人間に絶対はないこと、人間の気持ちや考えは時とともに変わりうること、などを経験しているので、わざわざ確率の低いこと(相手を信じること)に賭けないのでしょう・・・

要するに、相手が生涯変わらぬ強い信念をもって愛してくれることを、まるで宝くじで一等が当たる確率みたいに、あり得ないと思っているのでしょう・・・

No title

頭が良い人は、現実的な確率論的な無難な選択を取り、愛などという分の悪い考えは切って捨てる。
頭の悪い人は、想像力が乏しく、愛という目に見えないものを想像することができない。何かのきっかけで錯覚、幻覚で、神の愛を感じると盲信する。

結局、頭が良く、かつ、悟性も高い人が、愛を蔑ろにしない・・・

No title

僕は「頭の良い人・悪い人」という二分法はせずに考えていますが、たとえば、信じた相手に裏切られてもいい、それでも相手を信じる、という人もいると思います。むしろ、そのような確率論的なリスクを考慮しないこと(合理性では割り切れないこと)が「愛する」ということなのではないでしょうか。つまり、人間は「あり得ないこと」をもあえて信じることは可能だと思います。逆に、絶対に裏切られたくない、と思うのであれば、愛することはできないでしょう。

なぁさんへ

コメントありがとうございます。
裏切られても信じるというのは、非行少年に対する親の愛みたいなものですね。愛にもいろんな種類があるので、どんな愛かによって、議論が違ってきますね・・・


ところで、なぁさんのブログ、拝見させていただいてます。
今日なんかは、一気に数話アップされててすごい量ですね。
参考になります。
コメントできるようにしていただけたら、私なりの感想も書き込ませていただけるのですが・・・

なぁさんのブログの健太くんと先生の対話の中でも出てきますが、こういう人生の意味についての議論って、現実の生活の中では誰とも話せませんよね。世の中暗い話題を避け明るく現実的な話をすることを暗に求められている風潮だから・・・

ぜひ、なぁさんと今後も議論していければと思ってます。

No title

愛の分類はいろいろあると思いますね。性愛と非性愛、非性愛⇒家族や友人への愛と神への愛。僕は性愛も含めて愛は宗教と同じようなものだと思っています。科学の問題(合理性や論理的な問題)ではなく信仰の問題領域です。性愛なんかは合理性で割り切れる部分もありますが最終的な部分は信仰の問題でしょう。

ブログは、最近暇なので昔書いたものを適当にアップしたりしてます。読んだり書いたりするのが億劫な質なので読んでくださる方がいるとすごくうれしく感じます。

たしかに、人生の意味や死の問題を話せる場所はリアルな世界にはほとんどないですね。以前は学校や会社以外の場所でそのような問題を話せる場があればいいなぁと思っていたんですが、場所の問題ではないと思うようになりました。

日本では哲学や宗教的な話題を日常会話で話すという文化がそもそもなかったのだと思います。だから、場所の問題ではなく言語の問題、つまりそもそも日本語の日常会話にはうまく乗らない話題なんじゃないかと。

でも、文章なら会話文でも可能だと思いますので、やはりそういう話題はブログのように文章に起こしてコミュニケーションするしかないと思いますね。まあ、すごく優秀な哲学の先生や神父さんとかがうまくファシリテーターとかになってくれれば、リアルな対面による議論も可能だとは思いますが。


僕もみゅうさんとは今後も議論したいと思っております。できるだけコメントできるようになりたいです。

あと、ブログのコメント機能はデザイン変更で出来るようになりました。

なぁさんへ

コメントありがとうございました。
私の方からもなぁさんのブログにコメントしてみました。
なぁさんは無宗教なんですね。
そして、愛というのが、宗教と同じで、究極的には信じるか信じないかなんだとおっしゃりたいのでしょうね。

信じるというのは、これまた定義が人によってそれぞれだと思うのですが、私の場合は、約束とか契約とかと同じだと思ってます。約束して破ったらもう信じないといってとこです。
宗教に盲信している人は、約束を破られても、裏切られても、信じ続けるんでしょうね・・・

多くの人が神や天国を信じると言った場合、死んでそれで魂なんか残らず無に帰したら、約束を守られなくても、べつに誰も損しないんでしょうが・・・
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line