閑話休題

ミュージシャンのASKAが、覚醒剤使用し、盗聴器が仕掛けられているとか盗撮されているだとかそういうおかしな言動をしていたという。

覚醒剤は幻覚妄想を惹き起こす。「お前なんか死んじまえ」といった幻聴だったり、壁に人の姿の幻視だったり、付け狙われているとか、監視されているとか・・・

これと似ているのが、統合失調症だ。統合失調症でも、幻聴や迫害妄想がある。

何故、盗聴されているとか感じるのだろう?何故、自分の一挙手一投足を中継されるような幻聴が聞こえたり、自分のことを馬鹿にしてきたり死んでしまえ言ってきたりするのだろう。

人は無意識の中で自分の行動を常に監視している。自分の行動や考え方の間違ったところを訂正するフィードバックによって、自分の言動がより良いものとなるように脳が常に働いているのだろう。人類はそういう脳の働きで進化し、環境に適応し、社会の中で周りの物と協調し、文明を発展させてきたのだ。

しかし、自分のことを常に監視し、自分を責めたてるような、幻覚妄想がなぜ起きるのだろう?


太古の昔から人類が「神」という存在を思い浮かべていた。これはまさに覚醒剤使用による幻覚妄想と似ている。
つねに自分の行動を観察し、その行動を実況中継するかのように囃し立て、そして責めたてる。

人はそんなに悪い、罪深い存在なのだろうか?

いや、ただ単に自己評価が低くなって自責感が強くなるだけだろう。

動物にも幻覚妄想というのが起きるのかもしれないが、何故、脳の機能が悪くなると、こうなるのだろう??

あるいは、別なことを言う人もいる、統合失調症は、普通の人だとフィルターが邪魔して感じることのできない神の領域を感じることのできる特別な能力の持ち主だと・・・

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line