Mr. Nick Vujicic

ニック・ブイヂ(またはニック・ブイチチ、ニック・ボイチチ、英語:Nicholas James "Nick" Vujicic)

1982年生まれのオーストラリアのキリスト教伝道師でモチベーション・スピーカー。テトラ・アメリア症候群を持って生まれ、四肢がない。


Wikipedia


両手両足のない男性。
彼はキリスト教の牧師の息子だ。牧師は、そして妻は、生まれ出でた我が子を見た時、絶句した・・・
母は子に母乳を与えることもしばらくできなかった・・・

この両手両足のない男の子も8歳のときに浴槽で溺れ死のうと自殺を試みた。しかし、案の定、うまくできなかった。

やがて成長し、神を受け入れるようになった。

今ではキリスト教を伝えるようになっている。



(ここから下は私の感想です)

8歳の時、彼は希望を持てずに死のうとした。
しかし、希望という前向きな幻想はしょせん幻なのだ。

彼は、たとえ今さら両手両足が持てたとしても、それでは本当の幸せを持てないと自覚していた。

本当の幸せとは何か?
誰かに必要とされることだ。
誰かに愛されることだ。
そして、それに応じる気持ちを持てることだ。
誰かに必要とされ、自分もそれに応えたい気持ち。
誰かに愛され、自分もその人を愛する気持ち。

その誰かとは、家族や配偶者の事ではない。
神だ。。。


両手両足がない状態から、ある状態を熱望し、それが叶えられたとしても、幸せではない。
両手両足のない状態に至っている今までのいきさつを振り返って鑑みよく考えることだ。
そこには、神の何かのメッセージが隠されている。神からの愛のこもった伝言があるはずだ・・・神から直接明瞭に自分に伝わらない障壁は自分自身で作ってあるはずだ、それをよく考えるのだ。障壁は原罪という名の自分自身の中の何かなのだ・・・それを深く認めて、神と遠く引き離された今の状態で、まるで無人島で暮らし、そこで人生を終えるような、今のこの世での生活も、神を愛し続けていくしかないのであろう・・・



スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line