夢を見ているときには意識の存在は必要なのか?

意識は何故あるのか?

そして、何故、眠ると意識はなくなるのか?
さらには、何故、夢を見ている時に意識が再び現れるのか?



夢は記憶を整理固定化するために必要なのかもしれないが、そんなのは、意識がなくても大脳が勝手に無意識に処理できないのだろうか?
もちろん、夢を見ている時に意識がないとしたら、それはもう夢ではないのだろう。
つまりは、睡眠中は、大脳は休まずに、日中に認知した記憶の情報整理をやっていて、その情報整理の中で、意識がいないと処理できないような作業があって、その時だけ、意識を呼び覚ましているのかもしれない。

ちなみに、上記の内容とは全く関係ないですけど、
↓の本はまぁまぁ面白かった。

睡眠の科学―なぜ眠るのかなぜ目覚めるのか (ブルーバックス)睡眠の科学―なぜ眠るのかなぜ目覚めるのか (ブルーバックス)
(2010/11/19)
櫻井 武

商品詳細を見る



スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line