人の価値観がそれぞれ違うのは、言語が違うのと同じよう・・・

(なかなか良い考えが思い浮かばず、今回も無駄な雑文です。。。でも、諦めず考えていく!)

英語を勉強してみようかとアメリカのドラマを英語のまま見ようとした。しかし、やはり、理解できない!!何故、あんな単語の羅列でコミュニケーションしているのか、全く理解できない。日本語なら文法だけに頼らない表現(男言葉女言葉・幼児言葉・丁寧語・婉曲表現・語尾に『ね』をつけるなど多種多彩な表現)でその人の個性を表しているのに、英語にはそれがない。はっきり言って、外人はロボットかコンピューターのように見える。
しかし、もし、私がアメリカで生まれていたら、英語を普通に使えて、英語の論理で思考していたことだろう・・・
クオリアという赤が赤に見える個人個人の感覚は、人それぞれで、お互いにそれをうまく伝えることはできないように、言葉の壁も生まれ育った環境で越えられない溝ができてしまうのだ・・・
不思議だ・・・言葉だけの問題じゃなく、価値観や考えが人それぞれで、それをうまく相手に正確に伝えられないことが・・・






スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line