生きる原動力

借金があると働く原動力となり、生きる原動力となる。
今の豊かな日本では、生きるためのハングリー精神が乏しいかも知れない。

キリスト教では自らの罪を認め、その負債が生きる原動力となっているような気がする・・・

自ら作った借金や負債や負い目などではなく、理不尽な不幸、不運、ハンディキャップなどは生きる原動力となるのだろうか?むしろ逆に生きる気力をそいでしまうような気がする・・・

とにかく、何か自分に生きていく発奮材料を持たせるのがいいのか、それとも、わざわざ無理して生きようとするのは不自然な事なのか?もちろん、生きようとする方が自然であると感じるのが本能ではあるけれど・・・・
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line