私の肉体の意識が何故私なのか?

トノーニ教授の情報統合理論はよくわからないが、要するにネットワークを形成する神経細胞の数が意識の量に関係してくるわけだ。しかし、意識の量ってなんだ?
とにかく、ネットワークが意識を産む出すって言われても、じゃぁ、インターネットの世界的つながりが意識を産む出していると言えるだろうか?
しかし、もしも、地球上のインターネットが一つの意識を持っていたら、それを確かめる術はあるのだろうか?そんなのはできない。まるで、他人に意識があるかわからないように。
そもそも意識の定義が難しい。客観的に記述できる定義にはならないから。
客観的にいくらこういうのが意識ですよと定義してみても、実際にあるかどうかは当の本人にしか知り得ないのだから。
そして、当の本人が知るというのも一体どういうことなのだろうか?

もう一度、インターネットが意識を持っているかどうかを考えたい。
もし、意識を持っていたら、インターネットはどう感じているのだろう?
ただ、単に、人間がキーボードに打ち込んだり、センサーが作動したりして、プログラム通りに反応するだけのものだから、意識なんか必要ないであろう。まぁ、必要性の有無は脇へ置いておこう(この世界が何故存在する必要があったのか自体、謎だし、とにかく存在しているのだから)。
インターネットの意識はただ己の動きを確認するだけの存在かもしれないが、それは一体どういう感覚なのか?人間なら、感じているだけかもしれないもののとりあえず自分の自由意志で何かを行っているという主体性という錯覚なり感覚を持てているはずだ。インターネットの意識は主体性を持てるのか?プログラム通りに何かを検索する際、インターネットの意識は自分であれこれ探しているという錯覚を持ちうるのだろうか?
う~~ん、やっぱりわからなくなってきた。

そもそも人間の意識は、受動的なものなのだろうか?つまり、自分自身で考えたり動いたりしていると勘違いしているだけで、実際には脳が物質的な動きをした後にその動きを感じているだけの存在かもしれない。

しかし、いずれにしろ、何故、自分という意識が自分のこの肉体にのみ存在するのかという理不尽さは残る。自分は他の肉体のもとに宿ることはあり得なかったのだろうかと・・・

この世は何故存在するのかという問いと同じくらい謎なのが、私の肉体の意識が何故私なのかという問いだ・・・


スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line