人生のゴール

何を得ればいいのかわからないから、人はとりあえずお金を蓄えていこうとする。あるいは、友人知人などの人間関係を豊富にさせていく。しかし、それすら、一寸先は闇で、暴落するかもしれないし、裏切られるかもしれないし、結局、神の愛だけは天国に財産として積み上げられていくと信じていく。
何をすればいいのか、何のためか、無知なまま、人は自分にできることをやるしかないのだ。

あるいは、人が求めているのは、時を止めることか?いや、正確に言うと、幸せだと思う時期をいつまでも年を取らずにゆっくりと同じように過ごすことが願いなのかもしれない。つまり、平穏の現状維持と言うことだ。

人は幸福を求めている。不幸を避けている。幸福を得ようと不幸を避けようと、それが長続きしなければ、言い換えれば、いつまた暗転するかもしれない可能性があるならば、それは幸福とは言えない。

幸福。幸福のとき、幸福を感じながら、その一時をゆっくりかみしめる。時間よ止まれといった感じで。その時の流れが、無限大にゆっくりになると、究極的には時間が止まる・・・

思考はゆっくりゆっくりとなり、感覚はじっくり深く広く大きく感じられ、意識はやがて遠のいていく。この時、幸福は最大であり、瞬間であり、そして永遠となる・・・
その時が、そこで、止まる。そして、永遠に続く。それが至福の瞬間。すべてが停止し、それが終焉となり、それがゴールとなるのかもしれない・・・

天国とはそういうところなのかもしれない。

スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line