他人の自己

夢の中で記憶は連続性を欠き、エピソードごとに違う自分がいて、その都度、右往左往している。しかし、それらの自分たちは一貫して自分なのだ。自己の同一性がしっかりしていなくても、それは自分という存在という点で何ら問題にならない。個々の自分がお互いを記憶していなくても、後で目覚めた総体としての自分が想起して、同じ自分だと自覚するわけだ。
自己同一性は重要な問題ではない。

問題は、他人の自己を認識することは決してできないということだ。
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line