自死という生き方

自死という生き方―覚悟して逝った哲学者 須原 一秀

という本を読みました。ある程度人生のいろんな経験、幸福を体感し、精神的にも肉体的にも自分の成長の限界を自覚できたらすんなりと自死することもありなのではないかと思いました。。。といっても、この本で興味を持ったのは自殺の肯定ということではなく、生きていて、平凡だけど無難に過ごせる瞬間があったら、それを幸せだとしっかり感じ、そういう経験をできたことで足るを知るのが大事なんじゃないかということです・・・自分の身の程を知って、諦めるということが必要なんじゃないかなと・・・
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line