僕が神を追求する理由

僕が何故神の事を延々と思い続けられるのか?それは、、、

盲信でもなく、救いでも希望でもなく、諦めでも皮肉でも達観でもなく、まして悟りでもない。

罪滅ぼしでもなく、不満をぶつける為でも、現実を変えたい為でもない。

・・・

神を追求せずに生きていることが、砂上の楼閣のように虚しく危うく思えるからだ・・・


スポンサーサイト
line

悲しむ前に、自分の方が悲しませているかもしれない・・・

頼んでもいないのに生まされて、親に恨みを持っている子ども(未熟な者)は少なくない。
頼んでもいないのに結婚させられて、夫に恨みを持っている妻は少なくない。
頼んでもいないのにこの世に存在させられて、神に恨みを持っている人は少なくない。

親が聞いたら悲しむだろう。
夫が聞いたら悲しむだろう。
神が聞いたら悲しむどころか余裕綽々だろう、全知全能だから。

でも、

神に感謝し、配偶者にも感謝し、親にも感謝すれば、こういう悲しみを受ける可能性は低くなるかもしれない・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村










line

記憶

(今日も無意味な内容となってしまったので読者の方は読まなくていいです・・・)

朝、布団の中で目が覚め一番最初に考えること、それは、夢で見た内容か、もしくは、昨日の夜に就床の中で考えていたことの続きであろう。

脳とはそういうものだから。
記憶が一番重要だから・・・




乳飲み子が母を求めるように、朝、起きた瞬間に、すぐ、神のことを想うことができるような人は、聖人なのかもしれない・・・いや、聖人ですら、朝目覚めたとき一番に考えることは現実的なことかもしれない・・・少なくとも、毎朝欠かさず、神のことを想いながら起床する人はエノクとエリヤを除いて皆無なのではないだろうか・・・




そもそも、神を想うということはどういうことなのか?
この世の真理を探究するのは、自己の知識欲を満足させようとするただの欲に過ぎないかもしれない。
ソロモンは、旧約聖書の「箴言」や「伝道の書」の中で、真理を求めよとか、悟れとか、そういうことを奨めるが、新約の時代のイエスならそれを否定するかもしれない。善悪を知ろうとするよりも、まず、神を愛しなさいと、諭したかもしれない・・・
line

自分の役を神の為に演じる

自分の思い通りにならない人生
与えられた境遇・環境・状況にいつも不平不満を持ってしまう・・・

悩みなんかないのが悩み、という人を羨んだり、平凡に家庭をもって趣味をもってまずまずの安月給で定職に就いている人を羨んだり、五体満足な健康的な人を羨んだり・・・・

人を羨ましく思ったり、自分の人生を愚痴ったり、そんなのは辞めたい・・・

与えられた自分の人生を、神から与えられた自分の役割と思って、神のためにこの「自分」という人生を神に喜ばれる人生にしたい・・・

ヨブのように家族が死に財産がなくなろうと周りから責め立てられようと、イエスのように群衆に嘲られようと身体に鞭打たれようと、すべて神の思し召しの通りになるように、自分を生贄として捧げるしかない。神のために生贄に捧げられることを喜ばなければ・・・


line

神に願うこと

神に何かを願うこと、それは、良いことなのだろうか?

願いというのは、結局は、自分のエゴであることが多いから・・・


「求めよ、さらば与えられん」というけれど、求めるというのは、神の喜ぶことを求めるということであろう。

人のために何かをしたいと思ったときに、神にそれを求めれば、もしかしたら、時を経て、願いをかなえてくれるかもしれない。

しかし、自分のためのことならば、あるいは、良かれと思って願い求めていることが神の目に正しくない場合は、そういう願いは叶うことはないのかもしれない。


と思いながら、仕事の帰り道、心の中で「人助けをさせてください」と願っていたが、ダメだった。口に出さないで祈り求めることは神には届かないのかもしれない。
家に帰って、ネットでダメ人間のニコ生を見ながら、この人が神様を信じられるように奇跡を起こしてくださいと口に出して願ったが、これも全く何も起こらなかった・・・

まぁ、神のやることには時が必要なのだろう・・・

繰り返し繰り返し祈り続けるしかない・・・


自分のためのことではなく、神の栄光を現わすための願いは、いつか聞き入れられ、実現する(かもしれない・・・。というふうに半信半疑で祈ってもダメなのかもしれない。強く信じながら祈り続けたい。)


line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line