世界を観察すると

世界を観察すると自分じゃないものと自分の二つを観察できる。
むしろ、観察している主体が自分ともいえそうだが、そうではなく、自分の一部は自分自身によって観察もされている。
自分じゃないものと自分を分けるものは、能動性かいなかか?いや、違う。。


とにかく、観察しているこの事象で、自分と自分じゃないものとがあることを気づかされる・・・・






にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ

にほんブログ村
<br"にほんブログ村 哲学・思想ブログへ" />
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
line

不幸=罪、しかし他人のための苦しみは不幸でも罪でもない


他の人の苦しみを救うために自分が犠牲になることほど尊いことはないとイエスキリストは言っている。
つまり、自分が犠牲になって苦しんでもそれは不幸ではなく、つまり、罪ではないのだと僕は解釈する・・・






にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ

にほんブログ村
<br"にほんブログ村 哲学・思想ブログへ" />
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




line

幸せかつ感謝の念

自分の人生に幸せと感謝の念を抱くような時、不運はやってくることが多い。

もちろん、そうじゃない人もいるとは思うが、自分の場合は感謝の念を抱くとき、不幸が訪れるのも覚悟している。

逆に幸運を期待して、不幸や不満の念を抱くことをしたからと言って、幸運が訪れるわけではないが・・・

一番は、無我の境地で何も思わないようにすることだ・・・



にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ

にほんブログ村
<br"にほんブログ村 哲学・思想ブログへ" />
にほんブログ村



人気ブログランキングへ






line

罪=不幸


キリスト教では自分の罪を認め悔い改め、それを許してくれるイエスキリストを信じ、罪が許されたことを信条としている。


自分の罪とは何か?というのがわからないことが多いであろうし、そういう罪を生み出している神に不満があるであろう。
しかし、

罪=不幸
と思って、

今の自分に降りかかってる不幸を認め、そのまま受け入れ、ありのまま神に委ねていればそれでいいのではないだろうか?






にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ

にほんブログ村
<br"にほんブログ村 哲学・思想ブログへ" />
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




line

過去の自分を励まし、未来の自分に厳しく

過去に失敗をし、今が不幸な自分。
これからも失敗をし、未来がさらに不幸になる自分。

そんな今現在の自分は、過去の自分を責めてはならない。過去の自分を許してあげ、しかも、頑張ったんだと慰めてあげる・・・
そして、未来の自分に対して、今の自分が精いっぱい努力して、未来の自分が不幸から少しでも脱却できるように責任をもって今を生きる、しかも、未来の自分に対して、失敗を繰り返さぬように戒めていく。


ゆめゆめ自暴自棄になってはいけない・・・



にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ

にほんブログ村
<br"にほんブログ村 哲学・思想ブログへ" />
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



line
line

FC2Ad

line
プロフィール

うーたんとみゅう

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line