『自分で自分を裁くことすらしません』

DVC00008.jpg



『自分で自分を裁くことすらしません』

という言葉・・・



PODCASTで聴く礼拝メッセージで、プロテスタントの牧師さんが「自分の罪を悔い改めましょう」よく言っている。

しかし、僕は、それをいつも違和感をもって聴いている。なぜなら、自分の罪というのは、いったい何なのか、わからないからだ。そりゃあ、自分に悪いところや落ち度や失敗はいくらでもあるけれど、それらがすべて、何とか頑張ってやっている結果であって、間違った方向に努力して、見当違いの間抜けな努力なんだろうけど、でも、どうすることもできないというか、自分の能力は正悪を判断できず、何が良いか何がいけないか、知性が劣っているからであり、これ以上どうすればいいの?といった問いを神に発しても、神は無言沈黙であり、本当にどうしようもない。。。

もちろん、明らかに自分が悪いことをした時は悔い改めたい。しかし、人生や日々の生活において、何が悪くて何が良かったのなんて、わからないことが多過ぎる・・・

だから「先走って何も裁いてはいけません」と言われると、納得がいく・・・

他人のことも、自分のことも裁いてはならない・・・・

スポンサーサイト
line

攻める

緊張感…それはただの真面目さ勤勉さではなく、見知らぬ広い世界にポーンっと一人放り出された後のような、一体これからどうすればいいのだろうか途方に暮れそうな、誰も助けてくれない、いや、むしろ、自分よりも怖そうで強そうな他者の大勢いる中で萎縮してしまいがちな、そういう緊張感… とまでは言わないけれど、アドレナリンが出たり、セロトニンとノルアドレナリンが渦巻いたり、ハラハラドキドキで、かつ、諦めたり、失意の底に落ちたりせずに済むくらいの、一喜一憂に心が揺れ動き得る状態が、人間には必要であろう。
慣れた場所で、いつもの人間関係で、なあなあの馴れ合いで変化を厭う暮らし方では、緊張感は生み出されず、ドラマも波瀾万丈も何もない。
失敗もあるし、成功もある。いや、失敗の方が圧倒的に多いかもしれないけど、慎重にアグレッシブに攻めたい…

というのは、頭の中で…
とにかく、他に人がいなくて一人だけの時でも、緊張感を持っていたい
line

本業


※ 人が生きていく上での『本業』とは、定職や自営などの仕事のことではなく、生きる意味を考えること、というふうにここでは定義して、以下、僕の意見を述べてみたい。



人生の意味を考える本業をおろそかにすると、現実の生活にも不幸や不運が襲ってくる。 もちろん、本業をしっかりやっていても、不幸や不運はやってくるが、それは、本業にヒントを与える、良い意味での試練なのだ。

この世での現実の生活において、就労している定職(人生の意味という本業に比べると、副業になってしまうが)に一生懸命真面目に頑張って集中しようとしても、邪魔が入る(ことわざにもある、好事魔多し)。しかし、これこそ、本業から意識が遠ざかってしまうことから、本来は好事ではないのだ。

この世での現実の生活において、放蕩暮らしをした場合、放蕩にうつつを抜かして、全身全霊集中してしまうということは、ないであろう。何故なら、そんな放蕩は虚しいから。呑む打つ買うなどの享楽にどんなにのめり込もうとしても、溺れるほどに心底楽しめることなど、この世には存在しないから。


結局、何が言いたいか?


まともな仕事を地道に勤め続けることや、平凡でも普通の家庭を持つことは、とても素晴らしいとは思うけど、それでも、これらに固執しようとしたり、さらに良い仕事を目指したり、家族をさらに安心して養おうとしたり、そんなことはやめた方がいいように僕は思う…


それくらいなら、放蕩息子や釈迦のように、虚しさを自覚しながら自暴自棄に自堕落に生き、いつでも、また本業に戻る覚悟を持っていた方がいいように思う…




line

神は自分の存在の起源・理由・意義を探求しようとするだろうか?

神は不死だからといって、存在の意味を探求しようとするだろうか? 全知全能ではなく、ただ存在してある程度全能の神だった場合の神をここでは想定してるのだが、存在の意味を欲するだろうか?




欲して、答えが見つかってどうする?答えがわかって、さて、その後も永遠に続く存在にどう歩き出す?


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ

にほんブログ村
<br"にほんブログ村 哲学・思想ブログへ" />
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


line

謙虚に…

これでいいと思ったり満足したりするのはよくないであろう。人生の意味を探求する中で、目標達成するのはおそらく最後の最後、人生の最期の時になってだろう。それまでは、まだまだ人生の途中であり、中途で結論が出るわけがないのだ。人生の大先輩だろうと、聖人偉人であろうと、臨死の際で悟ったのでもなければ、悟ったと思ったことがただの妄想だったり、錯覚だったり、勘違いだったりする。最期の時まで人生の意味を探し求めなければいけないようにできてる以上、生きている間はずっと考え続ける必要があるし、わからないから傲慢にならずに、謙虚に慎重に真面目に生きていける。この事自体が、人生の目的に沿った生き方になっている可能性が高い。

ここまでは前置きだ。
ここから本題。

僕が日々、毎時間、一瞬一瞬ごとに行っている諸々の行動や思考には、正しいこともあっても、不実なことも数多くあるわけで、その罪の多さ深さは充分自覚できているとは、現時点の僕には到底言えない。傲慢さがあるのだ。もし亡くなった後の死後の世界で神に会えたら、いろんな罪の責任を神に転嫁しようと考えているから。
それが傲慢なのだ。
こんな世界を生んだ、こんな自分にしたのは神の責任だと。

こういう結論を出してはいけない。

結論を出さずに、いつも、我が身を省みながら、考え続けたい…

line
line

line
プロフィール

Author:うーたんとみゅう
人生の意味を探り自分の生まれてきた理由・使命をただ純粋に知りたいだけ・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line